<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

小さなデスク

住宅の二階にあるクローゼットスペース脇にデスクを製作しました。
とても懐かしいと言うか、少し昔的な設計で 壁は白水性塗装、建具+家具+造作は
天然木の突板です。
デスクはチェリー材で天板と側板の色を少しだけ変えてあります。
左側にはホタテ(シナランバーコア)にハンガーパイプが取付けてあり
オープンクローゼットに成ってます。
右側引き戸との間に小さなデスクを設け、ちょっとした作業スペースとしてます。
やはり既製品とは違い、造作でまとめると全体に違和感無く、空間がまとまります。
c0224110_7231175.jpg
c0224110_723139.jpg
c0224110_7225069.jpg
c0224110_7223632.jpg

[PR]
by chuuou1008 | 2011-10-29 07:23 | 私の仕事

TVボード

TVボード。
当社はよくtvボード製作依頼があります。
新築やリフォームなど様々、壁から壁迄の4メートルも有るボードや
機材を中心とした機能重視のボード、とにかくシンプルにデザイン性重視のものなど
数も多いですがなによりその一台一台がすべてオリジナルで、一点ものである事が特徴です。
そんな経緯を持つ当社が、単体のTVボードを販売しようと考案した商品をご紹介します。
造作家具は基本、一点物です。金額は内容が複雑に成る程高く成り、また表面積に比例する傾向も在ります。
建材は昔から尺寸、才寸などの規格で今でも製造されてますので、無駄の無い経済寸法で在れば
有る程度、価格を抑える事が可能です。
このTVボードは、天板と外側面が突板に成ってます、黒い部分は、ポリ合板とメラミン化粧板です。
機材が収納されれば、内部はほとんど化粧は不要です。
外面の突板でインテリアを表現してます。とてもシンプルですが、シンプルがベストです。
家具は作品では在りません、使ってこそ初めて価値が生まれます。
機材を収納しTVを設置して完成なのです。
こんなTVボード如何でしょうか?
c0224110_14411755.jpg
c0224110_1441939.jpg
c0224110_1441029.jpg
c0224110_14405099.jpg


HP.参照してください。

http://www.kagusyokunin.com/
http://www.kagusyokunin.com/?pid=31393553
[PR]
by chuuou1008 | 2011-10-25 14:43 | 私の仕事

造作キッチンカウンター

造作キッチンカウンター製作設置完了写真です。
システムキッチン前にウォールナット突板にて特注カウンターを製作及び設置の工事です。
実は意外にこの種が多いのですが、既製システムでもあります。
ただ、材質や形状がなかなか要望に合わない為か、特注でのご依頼が多いです。
特に材質は突板にウレタン塗装よりもメラミン化粧板が望ましいです。
最近のメラミン化粧板は材質も表面柄も充実してまして、なにより耐水性や表面硬度は
突板や集成板にウレタン塗装より優れてます。
掃除も中性洗剤などで簡単に可能なので、長い期間現状体を維持できるでしょう。
写真のガラスは既製の耐熱ガラスです。オプションで単体販売ですので、特注カウンターでも
問題在りません。
すべて既製システムで納めるのではなく、特注製品と既製製品を融合させる事で
オリジナリティーある空間が演出されます。
c0224110_164666.jpg
c0224110_1635629.jpg
c0224110_1634584.jpg
c0224110_1633384.jpg

[PR]
by chuuou1008 | 2011-10-17 16:04 | 私の仕事

ベンチ.ソファー

以前、会社の部屋をリフォームしまして、同時に数点家具を製作した中に、
このベンチ.ソファーが在ります。
当時の物は巾がもっと狭かったのですが、打ち合わせに来られる方から製作依頼されたりして、
様々なサイズのベンチ.ソファーを製作しました。
写真の物は、会社の社長室に置く為の物で、ビニールレザーがご希望です。
長さは1.800mm.....寝れます。さすがにこれが最長です。
構造は基本合板です、強度的なところと無垢のように狂いが生じないので、自分はすきです。
ただ、この位の大きさだとやはり重く成ります。
ビスで組立式にしてますので、配送,搬入などを考慮しました。
c0224110_17461586.jpg
c0224110_1746726.jpg
c0224110_1746050.jpg
c0224110_17455215.jpg

[PR]
by chuuou1008 | 2011-10-15 17:47 | 私の仕事

アトリエ作業シンクカウンター

前々回アトリエの続きで、アトリエの作業カウンターを紹介します。
が、こんな写真しかありませんでした、物がいっぱいで暗く解りにくいと思います。
ステンレスシンクがはめ込まれた作業スペースです。
実はこの後、もっと大きいシンクにして欲しいと要望がありまして、後日取り替える事に成りまして、
しかし、この日は【完璧だ!】とおもい帰ってしまいまして。
シンク左は作業カウンターに成ってます。
出窓下には、何を飾るのか?R型天板+収納です。
写真では解りませんが、この窓からの景色が最高でした。
c0224110_136090.jpg
c0224110_1352158.jpg
c0224110_1343634.jpg

[PR]
by chuuou1008 | 2011-10-08 13:07 | 私の仕事

合板

当社が最も使用する建材は、ダントツに合板です。
ベニヤ、と言われますが 最近では プライウッドなどとも書かれてる雑誌がありますが、基本合板です。
当然ですがその昔、合板が無い時代がありまして...なにで家具が作られていたかと言いますと、無垢板です。
よく、WEBショップなどでも販売してますが、古い昭和初期頃の家具などは、無垢板です。
昔の住居も建具、階段、壁、天井、そして床 殆どが無垢板を加工して建築されてました。
ではなぜ、合板が出て来て多用途に使われて来たのか?無垢ではだめな訳は!と、申しますと
まず......合板は反らないし割れない.....無垢は反るし割れる。
そして......合板は虫がつかない(防虫処理済).....無垢は虫に食われる(虫が食いにくい物も有る)
さらに.....合板は加工がし易く、正確さを厳守......無垢は加工が大変な割に後々狂いが生じる。
無垢が嫌いな訳ではありませんが、コストも高く成ります。
このチェストもすべて合板で製作してあります。
外面はシナ合板で、引出し内面がラワン合板、取手は合板を束ねて型にはめ込み、
プレス加工した物です。
今は引出し内面はシナ合板や集成板などで箱組されてますが、
過去には無垢板で組まれてまして。それが1〜2年経つと反りが発生して、
引出しが抜けなく成ったりした事もありました。
こういう問題も材質を無垢板から合板に変える事で解決されて来てます。
昔は職人さんの技術で無垢材を加工して組立てていた家具も、海外からの影響で
合板が入って来て、家具が工業製品という概念で量産されました。
これからも建材は、どんどん進化していくのでしょう。
c0224110_17325999.jpg
c0224110_1732512.jpg
c0224110_17324216.jpg
c0224110_1732352.jpg

[PR]
by chuuou1008 | 2011-10-03 17:35 | 私の仕事