人気ブログランキング |

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

特注作業カウンター

特注作業カウンターと、申しましても当社は特注しか製作しませんので、
ご覧の様に天板が手前にスライドできます。用途は不明ですが御客様の要望ですので製作しました。
拘りは良いのですが、図面を書きそして変更+修正の作業も結構大変でして、
いまは、CADで製図する訳で修正も手書き時代に比べると容易に成ったとはいえ、
修正が5〜6回目に成りますと、最初のプランに戻ったりして....もう、わけワカメです。
そんな陰の苦労を経て、製品が生まれる訳ワカメです。
c0224110_12461553.jpg
c0224110_12462636.jpg
c0224110_12463636.jpg
c0224110_12464527.jpg

by chuuou1008 | 2012-09-29 12:47 | 私の仕事

試作品を作る訳

一年はあっという間に過ぎてゆきます。お年のせいもでもあるのか?最近特に......
我々の業界も、仕事の波があります。これも最近特に厳しく成った様な〜
先月、先先月は夏の異常な暑さの中忙しいのが続いてました....終わってみて気が付けば...秋。
また、一年の1/4が記憶から飛んでしまった様な感じです。
さて、忙しいのも長くは続かず 暇な時期が訪れます。
そんな時....何か作ってみようかな〜的時期です。
今回は自分で考えず、若い職人さんに任せてみました。
テーブルだそうで、なかなか良いセンスだと感動してましたが〜...聞いてみると
....パクリ....だそうで.....なんだ〜オリジナリティーが欲しいな〜。
まあ、いいか。で、彼はこれを友達に売ってしまいましたとさ、...やるな〜
c0224110_12152580.jpg
c0224110_12153453.jpg
c0224110_12154326.jpg
c0224110_12155585.jpg

by chuuou1008 | 2012-09-22 12:16 | 私の仕事

カウンター製作+現場設置 その2

以前投稿しました カウンター製作の続きです。
このような金融機関店舗は、対面サービスで カウンター内部はデスクや機材が配置されたオフィスです。
御客様からオフィスが覗ける....あるいはオフィスから御客様が見える....当然綺麗でなければ成りません。
だから平面レイアウトは重要な訳で、時間が掛かります。
図面+仕様+サイズ...など、一つでも確定しなければ製作は進みません。
そして、カウンターは特注であるように、仕入れる建材も特注が多いのです。
やはり時間が掛かります、ので 特注製作は全体的に時間が必要な訳です。
c0224110_9291428.jpg
c0224110_9292497.jpg
c0224110_9293447.jpg
c0224110_9294368.jpg

by chuuou1008 | 2012-09-16 09:30 | 私の仕事

iPadの撮影用サンプル

世の中に段々とiPadの普及が加速してます。
自分はまだ、携帯電話で〜最近少々焦り気味 人に隠れてメールしてます。
そんな自分がiPadを持ってる訳でもなく、購入の順位としてはまずスマートフォンなのですが、
実はiPadの方が気になってます。
そんな時、オークションにて、iPadの撮影用サンプル成る物を発見!
¥850でしたので即購入。
プラスティック製で、画面的な所は流石にカラーコピーでした。
サイズや型を感触で覚えて.....まだ本物は買ってません。
しばらくすると、iPad用のアクセサリースタンドなど売れてまして、木で造ってみようと思い、
若き家具職人君に、ラフ図を渡し造ってもらいました。
無垢の杉材で、質感も良くインテリアにマッチします。
しばらくは見て満足してましたが......あきまして....木製スタンドで、オークションで売っちゃいました。
c0224110_1315926.jpg

c0224110_13151824.jpg
c0224110_13152891.jpg
c0224110_13153745.jpg
c0224110_13154551.jpg

by chuuou1008 | 2012-09-09 13:17 | 私の仕事

シンプルでカラフルで単純な棚

かなり昔のデーターです。見ても思い出すのに.....5秒かかりました。
店舗設計された方からの依頼にて製作した、オープンシェルフです。
材質は業界ではおなじみの(ポリメラ)です。
詳しく申しますと化粧板建材で、様々な色や柄が建材メーカーさんにて製作された物を、
購入し切断+貼付け+練り付けなどなど....よけい 解りませんね。
とにかく塗装が不要の仕上げ材です。
納期が少ない場合には、塗装工程が無い分短縮できますし、塗装で無いため シンナーなどでの
拭き取り掃除でも可能です。
*家具の仕上げ材の歴史*
昔々-無垢板を加工して組み上げた、非常に重厚な物 +割れる+反る (昭和初期)

その昔--海外より 突板の技術が伝来。木板を薄くスライスして、ベニヤという新建材に貼付けた物を言う。
これにより(フラッシュ構造*下地材を枠組してベニヤではさみ、中を空洞にし軽量にした)が可能で、
無垢の*反り*割れ*サイズの限界が、かなり解消されました。

ちょい昔---メラミン化粧板なる樹脂系建材が伝来。 後にベニヤにプリント加工した ポリ合板も登場。
当時は、輸入建材でしたが 今は殆ど国内メーカーが主流です。
通称(ポリメラ) 突板と違い、最初からプリント転写仕上げですので、塗装が不要です。

ちょこっと前の昔----ダイノックシート到来。ベルビアンとも言う  国産クロスメーカーさんも販売してます。
こうなると、家具職人さんでは仕上げません。下地(ベニヤ)までで、後はクロス屋さん(うまい人)が仕上げます。

以上、参考迄に(間違ってたらごめんなさい)。
c0224110_19501922.jpg
c0224110_19503243.jpg
c0224110_19504590.jpg
c0224110_19505624.jpg

by chuuou1008 | 2012-09-01 19:53 | 私の仕事